『オールデン』が山本修夢のロシアデビュー作

  • 2018/5/20
  • 『オールデン』が山本修夢のロシアデビュー作 はコメントを受け付けていません。

山本修夢 本日はよろしくお願いします。ちょうど浜田先生と初めてお会いした在日ロシア大使館の表敬に連れて行っていただいたのが、ほぼ約1年ぐらい前ですね。

浜田和幸 そうだよね、あっという間だよね。

山本修夢 そうですね。『ゾルゲ』が終わったのがちょうど5月の20日なので、1年ぐらい前なのです。

浜田和幸 そうですか。

山本修夢 それから約10日が2週間で在日ロシア大使館に連れて行っていただいて。

浜田和幸 そうだったね。

山本修夢 あのときから、お世話になって。

浜田和幸 今や、山本さんはもともと俳優だったけれども、ロシアとのご縁が今急速に深まっているわけでしょう?

山本修夢 本当ですね。

浜田和幸 ロシア語で一人芝居というか、そういうのでもね。僕はちょうどそのとき日本にいなくて伺えなかったけれども、行った人によると、全然字幕も出ないし、なかなか難しい。でも、いろんな表情を工夫されて、観客の人に分からせようとされたその努力はすごいものがあったと、後から聞いたのですけれども。

山本修夢 ありがとうございます。

浜田和幸 もともとどういうきっかけでロシアにのめり込むことになったのですか。

山本修夢 これは約4年前に『オールデン』っていうドラマがロシアで、モスクワのテレビ局制作でありまして、これで本当の日本人を起用したいっていう、モスクワのスタッフからの希望で。で、この日露文化経済促進協会のメンバーであります、副理事長の木下順介という、ちょうどモスクワに・・・。

浜田和幸 モスクワにおられるからね。

山本修夢 そうなのですよね。で、モスクワで木下さんが俳優と監督をされていて、スタッフとエージェントを通じて、本当の日本人を探していると。ていうことで、木下さんが日本にいる古い知人だった僕とかいろんな人に声かけて、バーッと監督、プロデューサーにビデオに課題のセリフとか入れて送ったのですね。まあ、オーディションですよね。それで、ふるいにかけられて残った人は、今度はスカイプで、監督とキャスティングのプロデューサーと面接しまして。

浜田和幸 モスクワと東京で。

山本修夢 そうです。

浜田和幸 スカイプでつないで。

山本修夢 ですから、時差を夜の10時ぐらいに指定されて、家にいるようにと。そして、監督とプロデューサーと面接して。それでオーディションで決まりました。その『オールデン』に出ました。去年やった『ゾルゲ』っていうのはオーディションもあったのですが、セルゲイ・ギンズブルグさんは、『オールデン』に出た僕を見て、役にピッタリだからっていうことで。

たまたまそれは『オールデン』で僕と中丸シオンさんは夫婦役をやっていたんですけど、その夫婦の2人でちょっとしたピリピリした、倦怠期でもなく乾いた感じでもなく、でも満州にいる日本人夫婦が2人で、かばわないと緊張感の中で生きていけないからっていうそのシーンを見て、この2人だってことで2人まとめてっていうことになったんです。

浜田和幸 でも、その4年前の『オールデン』のときには、ある程度ロシア語はできたのでしょう?

山本修夢 全く分からないです。

浜田和幸 全くできないのに、それから独学でロシア語をマスターした。

山本修夢 そうです。いや、マスターはしていません。入り口に立っているぐらいです。

浜田和幸 入り口に立った、そう。でも、それまで日本語でいろんな舞台とかやっていたのに、突然全く知らないロシア語でせりふを覚えて感情を乗せるっていうのは、それは大変な努力というか、工夫が要ったでしょう?

 

次のページへ

関連記事

リンク集

◆日露両国の大使館

在日ロシア連邦大使館

在ロシア日本国大使館

◆ロシア人を招聘

外務省ホームページ・ロシア人の招聘についての案内

◆ロシアビザ取得サポート

ロシアビザセンター

◆ロシアの撮影・取材・ロケのトータルサポート

Creative Coordination RISSIA

◆日露貿易専門商社

FET JAPAN

◆日露ビジネスサポート

RVC株式会社

◆ロシア人の日本在留資格認定証明書・取得サポート

行政書士法人IMS

◆ロシア関連情報&ニュース

スプートニク日本

Русский

  1. НКО Японо-Российская ассоциация содействия развитию культурных и деловых связей*: цель создания НКО

ページ上部へ戻る